楽しみ方

イメージ

HAVE FUN at SANJIRO/四季折々に表情を変える  大自然にふれあう旅

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

SPRING HAVE FUN/春

  • 桃・梨の花見
  • 約50万株のすいせん
  • 蔵王エコーライン開通
約50万株のすいせん 蔵王エコーライン開通
桃・梨の花見

4月中旬頃、山裾は桃の花・梨の花が咲き、残雪が残る蔵王連峰とのコントラストがとても綺麗です。
「えぼしスキー場」に足を伸ばせば、ゲレンデ一面に約50 万株のすいせんが咲き乱れています。
4 月下旬になると、「蔵王エコーライン」が開通。
5 月中旬頃まで、自然が作り上げた雪の壁を見ながらドライブが楽しめます。

ドライブの後は、旅館三治郎にチェックイン。お風呂に浸かりのんびりするのも良し、遠刈田温泉街をぶらりとお散歩し、遠刈田温泉街で利用できる「ちょこっと∞(エイト)」を片手に、街巡りや各宿の温泉が楽しめる湯巡りを楽しむのもおすすめです。

その他に、多くの巨匠たちの作品が展示してある美術館「島川記念館」も人気です。
多くの緑に囲まれ、蔵王連峰を一望の下に見渡すことが出来ます。
まさに自然がおりなす、癒しの空間と呼ぶにふさわしい緑と風にあふれており美術品を鑑賞するには最適の場所です。
宮城蔵王の豊かな自然と、数々の巨匠たちが生んだ作品を鑑賞を楽しめます。

SUMMER HAVE FUN/夏

  • トレッキング
  • ブルーベリー狩り体験
  • 蔵王ハートランド
桃 ブルーベリー狩り体験
蔵王ハートランド

山全体が緑に包まれ、コマクサなどの高山植物が顔を出すと、蔵王の夏がやってきます。
眩しい陽光を浴びて輝く木々の葉と渓流のせせらぎが気持ち良く、トレッキングにも最適な季節です。
特にオススメなのが、遠刈田温泉七日原に広がる「ブルーベリー農園」と「蔵王酪農センター」!
広大なブルーベリー畑では、毎年7 月中旬~8 月中旬にかけてブルーベリー狩りが楽しめ、園内にあるレストハウスで、ブルーベリーを使ったオリジナル料理やデザートが食べられます。

旅館三治郎で旅の疲れを癒した後は、150ha の牧場が広がる「蔵王ハートランド」で動物たちとのふれあいはもちろんチーズやバター作りなどの体験ができ、牧場で育った牛の乳を使った乳製品「蔵王チーズ」はいろいろな味があり、お土産にオススメです。
蔵王の裾野に広がる七日原で、爽やかな高原の夏を過ごしてみませんか?

AUTUMN HAVE FUN/秋

  • 紅葉狩り
  • エメラルドグリーンの御釜
  • 果物狩り
紅葉狩り 果物狩り
エメラルドグリーンの御釜

紅葉を身にまとい、蔵王連峰が華やかに色づく秋。
9月下旬から10 月下旬まで、紅葉狩りを楽しむ人で賑わいます。
「蔵王エコーライン」の滝見台からは、赤や黄色に彩られた日本の滝百選の「三階滝」や「不動滝」、「地蔵滝」を望むことができます。
「蔵王ハイライン」を上った刈田岳には、蔵王のシンボル御釜があり、湖面はエメラルドグリーンの水をたたえ、太陽光線の当たり方で、様々な色に変化し、神秘的な雰囲気です。

旅館三治郎の大浴場・露天風呂に浸かりながら見る紅葉の蔵王連峰も、また格別です。
旅の疲れを癒した後は、県道12 号線沿いにある観光果樹園で瑞々しい梨やリンゴ、新鮮な野菜を買うのがオススメです。果樹畑によっては果物狩りを楽しめる所もあります。

WINTER HAVE FUN/冬

  • 樹氷
  • スキー・スノーボード
  • 遠刈田温泉
遠刈田温泉 こけし
樹氷

日本でも限られた地域でしか見ることができない「樹氷」。
宮城蔵王では、深雪の樹氷原まで雪上車「ワイルドモンスター号」に乗車し直接見たり触ったりして鑑賞します。
これは全国でここでしか体験できないものです。

また、蔵王の冬はスキーヤーのメッカでもあり、ナイター営業をしている「みやぎ蔵王えぼしスキー場」と、雪上車で行く樹氷めぐりが人気の「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」は、変化に富んだゲレンデとツアーコースが魅力です。
初心者から上級者までがスキーやスノーボードを楽しむことが出来ます。

スキーを終え、冷えた体を温めてくれるのは、やはり温泉です。
足腰によく効く遠刈田温泉の泉質、旅館三治郎で一日の疲れを癒して下さい。
天候が良いときは、白銀の化粧をした蔵王連峰をお風呂から見ることが出来ます。
お土産には、「遠刈田こけし」はいかがですか。
「みやぎ蔵王こけし館」には全国のこけしが所狭しと並び、素朴な表情が心を和ませてくれます。
また、絵付け体験もでき世界で一つのオリジナルこけしを作ることができます。

photo:蔵王町観光協会